二次会の景品としては手軽なものが喜ばれる

二次会の景品として喜ばれやすいのは手軽なものです。大きなもので荷物になるようなものは、見た目は派手で二次会が盛り上がりそうな気がするのですが、貰う人の身になると運搬だけで大変なので要らないと感じることも多いものです。


ですから、二次会の景品を考える時には、手軽で持ち運びが簡単に出来て、荷物にならないものが喜ばれやすいと考えていいでしょう。



ですから、宝くじなどはかなり面白い景品となります。景品の目玉として使うのもいいですし、残念賞のようなものとしてもいいでしょう。



使い方はいろいろです。紙きれ一枚ですから、財布に入れて持ち歩くことが出来るので、これを貰って荷物になると感じる人もいないでしょう。



それでいて夢があるという点ではとても魅力的なものとなります。

何しろ当たればラッキーですし、外れても元がかかっていないので、別に損をすることもないのです。

貰って嬉しいという意味では一番の景品ということになるのかもしれません。

宝くじには夢がありますし、これからの可能性があるので、二次会の場を盛り上げるにも最適です。これで夢のある暮らしをして下さいなどと司会の人も場を盛り上げるトークもいろいろと考えられるでしょう。
この場ではなく、将来に対して夢があるというところが宝くじのいいところです。
商品券のようなものでもいいのですが、商品券はある意味では現金に近いものがあり、生々しいところもあるので、宝くじのようなものの方が二次会としては面白く感じられると考えた方がいいでしょう。