二次会の景品を選ぶ際のポイント

幹事さんは二次会の景品が何がよいか、頭を悩ますに違いありません。

無料でもらえるからといって、何でもよいわけではないからです。
無料といっても、会費を払っていれば実際にはタダではありません。
もし景品がつまらないものであれば、ブーイングが出ることも考えられます。
選ぶ際のポイントは、二次会の趣向にあったものであることです。

参加している人の年齢や好みを考えましょう。たとえば会社で新人歓迎会を開催したとします。参加している人の年齢や背景は様々です。

特定の人たちに合わせると、不満がでることは明らかです。
そのような場合は、できるだけ無難な消耗品が喜ばれるでしょう。
とは言っても、粗品のようなものを配るわけにはいきません。

無難でありながら、ちょっと嬉しいと思ってもらえるものであるべきです。


センスを感じさせる素敵な景品を選びましょう。一度で食べきれるようなお菓子であっても、おしゃれなパッケージで珍しいものであるなら喜ばれるに違いありません。



季節感を感じさせるものも素敵です。二次会の景品を選ぶ際に失敗しないためには、一人で決定しないことです。複数の人の意見を取り入れましょう。

異なる世代の男女に事前リサーチすることが参考になります。

もちろん万人受けする景品はないかもしれません。



歴代の品目を調べることも、選ぶヒントになるでしょう。



二次会でどんなものをもらうかは、全体の評価に大きく影響を与えます。
それにより次回の参加者が決まるといっても過言ではないでしょう。