二次会の景品は参加者に合わせる

結婚式などで、二次会を行うときにはゲームをすることがあります。

二次会のゲームが楽しみで参加している人も少なくありません。
ゲームの内容は様々ですが、単にゲームを行うだけでなく、何らかの景品を用意しておくことが大事なります。景品を用意しておくことで参加者も真剣になってゲームをするでしょう。



当然真剣になってゲーム行った方が、面白くなります。

二次会で景品を用意するならば、参加者が喜ぶものを準備しなければなりません。
例えば、参加者が20代ばかりなのに、おじさんが喜ぶようなものを用意しても興ざめになってしまいます。
また、参加者が女性ばかりなのに男性のネクタイなどを用意してもやはりどこかずれてると判断されてしまうでしょう。


もし、幹事になったらば、参加者を把握することが重要になります。一般的には結婚式などの二次会を行う場合、若い世代が多く、男性と女性が半々の可能性があります。


また場合によっては新郎だけの二次会と新婦だけの会に分かれている場合があります。もし若い男性ばかりであれば、ゲームなどをプレゼントしてもよいかもしれません。



予算としては一等賞から三等賞ぐらいまででおよそ3万円ぐらいと考えておきましょう。



参加者が30人いれば一人1000円を会費とすれば十分集められるお金になります。若い女性の場合は、利用グッズなどを商品にしてみてもよいでしょう。


性別によって景品を分けることもできますが、その場合は予算が膨らむだけでなくゲームの内容も工夫をしなければなりません。