二次会の景品におすすめのもの

結婚式や披露宴が行われるときにセットで企画することの多い二次会は、式に比べるとパーティー要素を多く含んでいます。


レストランやカフェなどを貸しきり、友人などを多く招いてフランクでにぎやかな時間を過ごします。



ゲストとの距離が近いので、式のときに慌ただしく友人と会話が出来ない可能性があるときにも、開催はおすすめです。

二次会を楽しく過ごしてもらうために、ゲームを企画することがあります。

例えば、ビンゴゲームや丸バツゲーム、クイズ大会など、新郎新婦のなれそめや情報に関連させて行います。
ゲームは誰でも知っていて、気兼ねなく参加出来るものが好まれます。

ゲームであると盛り上げるものの一つが景品です。

二次会では、結婚式や披露宴のような引き出物を用意しないことがありますので、景品のようにお土産があると喜ばれます。

景品は老若男女に好まれるものが無難でおすすめです。



二次会参加者の年齢層や性格で、景品を選ぶこともポイントです。


新郎新婦の好みでチョイスしても良いですが、人によってはもらっても困るものとして扱われてしまうことがありますので注意が必要です。



二次会の景品選びに困ったときには、カタログギフトを用意するのも良いでしょう。カタログギフトでしたら、もらったゲストの好みで選ぶことが出来ますのである程度柔軟な対応が出来ます。

しかし、結婚式や披露宴で既に贈っている場合には、カタログの内容や金額がかぶらないようにすると良いです。