二次会の景品を選ぶ際に気をつけたいこと

ゲームなどで盛り上がる結婚式の二次会。

その景品選びは幹事のセンスの見せどころです。


しかし、参加者のうけが良く、喜ばれるものを選ぶには、どのようなものがよいか悩みが尽きないもの。
そのようなときには、「もらって嬉しい」かどうか、また「持ち帰りがしやすい」かどうかを基準に選ぶとよいでしょう。


もらって嬉しい二次会の景品は、実用的に使えるものではないでしょうか。



いわゆる「消えもの」である食べ物や飲み物などは、もらって損がありません。

特に普段、自分では買わないような、ちょっと高級感のあるものは、いつでも安定した人気があります。

また最近では、テーマパークのチケットも人気のあるアイテムです。

当たった本人が行かなくても、人に譲ることができるのでムダになりません。



そのうえ、テーマパークのチケットは、かさばらないため、持ち帰りのしやすい二次会の景品だといえるでしょう。


そのほかにも当たった本人が、好きなものを選べるカタログギフトや、後日、指定の場所に届けてもらい受け取れる目録タイプのものも、当日は荷物にならないため楽です。

目録タイプのものであれば、海産物や、肉類といった冷凍や冷蔵の必要のある生ものや、電化製品のような持ち帰りが不可能なものであっても二次会の景品にすることができます。



価値の感じられる景品は、二次会を華やかに盛り上げてくれることでしょう。
もらって嬉しく、持ち帰りやすいものなら嬉しさもアップします。